のぼり工場
  • お見積り
  • お問い合わせ
  • フリーダイヤル:0120-17-5151 営業時間:平日9:00~19:00 土曜:10:00~18:00
  • のぼり工場トップページ
  • 初めての方へ
  • 制作の実績
  • のぼり価格表
  • Q&A
のぼり工場のぼりのオリジナル専門店"
  • 電話をかける
  • お見積り・お問合せ
  • 営業時間:平日9時~19時 土曜10時~18時 日・祝休み
  • 運営会社:株式会社KILAMEK 電話番号:03-3350-8215

のぼりの歴史

のぼりの歴史について「ルーツを探る」

のぼりのルーツは大昔、まだ中国が魏と呼ばれていた頃に日本に伝わったとされます。その頃は、戦いの旗として贈られたと言われます。魏と日本を結びつけると言えば、卑弥呼を思い出しますが、そう考えると日本に古くからある物だと想像できます。

のぼりの歴史について「戦いの中で役割を生み出す」

しばらくは戦いの旗であったのぼりですが、いつ頃から変化したかと言えば、やはりこの戦いの中であったと言えます。それは戦国時代、時には目印であり、時に情報を相手に伝える物として活用されていました。ちょうど、現在の様な使われ方の原型は、この頃に誕生したと言えます。そこから現在でも、大きさや伝える内容は違っていても、目的に変化がないと言えます。

のぼりの歴史について「現在の役割」

ルーツや誕生の歴史から、のぼり旗が現在、任されている役割を考えますと、それは販促宣伝と言う事が言えます。お店のサービス内容だったり、オススメの商品だったり、案内などと言った情報の発信が主であり、その発信された情報を受け取ったお客様が、実際に行動を起こす様な目的で制作されていると言え、オリジナル作成された物であると、それがよりストレートです。

また、ミニのぼりと言った屋内に設置するタイプの物も最近では数多く利用され、盛り上げています。

しかし、歴史の流れから見ても、こうした使われ方、そして目的は昔から伝わってきた訳で、日本人のDNAに刻まれている遺伝子レベルの情報なのかもしれません。そうした遺伝子レベルの記憶情報を上手く活用し、お店の売り上げUPや知名度UPを手軽で効率的に上げられる、特注のぼりを製作してみませんか?当店であれば、通販だからこそ出来る激安価格で、作成販売することが可能になっております。

既製品の方が安いからと言う理由で、オリジナル制作に躊躇されているお客様には、コストに合わせた格安作成プランの提供も行っておりますので、お気軽に当店までご相談下さい。やはり、個性的なプリントとメッセージが印刷された特注オーダー品の効果は安定感があり、抜群であると言えます。それは、お店の表情が見えるからではないかと考えられます。

  • お見積り依頼はこちらから
  • お問合せはこちらから

ページトップへ